• HOME
  • 7. 資格課程

このページを印刷する

7. 資格課程

受講登録

芸術教養学科では、2年次以降、資格課程(博物館学芸員課程)受講登録申し込みができます。
なお、資格課程の履修は受講登録が必要です。

手続きと登録時期

博物館学芸員課程

博物館学芸員課程では、自らの専門性を積極的に社会に還元していくことができる学芸員を養成します。

理念

博物館学芸員課程 制度について

取得できる資格

学芸員資格取得の要件

スクーリング科目(S)

大学のキャンパス等で教員から直接指導を受ける対面授業のある科目がスクーリング科目(S)です。
スクーリング科目(S)を履修するには、事前に申し込みが必要です。スクーリング日程や授業内容、履修の前提条件はシラバスに記載されているので、スクーリング申込前に必ず確認のうえ、所定の申込期間に申し込みの手続きを行ってください。

S科目 履修の流れ

S科目のシラバス

スクーリング受講手続・申込スケジュール

スクーリング申込方法

受講申込結果通知

受講にあたって

成績評価方法と受講結果通知

スクーリング受講時の注意事項

博物館学芸員課程 テキスト

博物館学芸員課程必修科目の「テキストレポート科目(TR)」「スクーリング科目(S)」のテキストは全て有料です。また、一部科目については、紙版書籍のみとなっております(電子書籍のご用意はありません)。詳しくは以下を参照してください。

博物館学芸員課程 テキスト一覧

既修得単位認定

京都造形芸術大学(通信教育部・通学部・科目等履修生)で修得した科目のうち、博物館法施行規則に定める科目については、既修得単位として認定審査を行います。なお、この認定は資格課程のための認定であり、卒業のために履修すべき単位数が免除されるものではありません。

既修得単位認定に関する注意事項

既修得単位認定手続き

このカテゴリのよくある質問

次年度に卒業をする予定ですが、博物館学芸員課程に登録できますか?

できません。標準な履修期間は3年間、最短でも2年間は必要です。そのため、次年度卒業を目指す(卒業研究に着手する)場合、資格取得はできませんので、履修計画を立て直し、受講登録いただくこととなります。

スクーリング3日間のうち、仕事の都合で1日出席できません。どうしたらいいでしょうか。

スクーリング科目の単位修得は、授業の全講時出席を原則としています。期間中の欠席・遅刻・早退は認められません。また、欠席・遅刻・早退が発生した場合は、単位認定の対象になりません。

他大学で博物館学芸員科目を取得しているのですが、単位認定できますでしょうか?

できません。
本学博物館学芸員課程は相互に関連する科目群からカリキュラムが構成されているため、本学設置の全科目を履修することが必要です。そのため、他大学で修得された単位、高等専門学校や専修学校専門課程(専門学校)で修得された単位を本課程で修得された科目として修得単位認定することはできません。
一方、2017年度以前に京都造形芸術大学(通信教育部・通学部・科目等履修生)で修得した科目のうち、博物館法施行規則に定める科目については、既修得単位として認定審査を行います(既修得単位認定を希望する場合は、別途所定の手続きを行っていただく必要がございます)。

「博物館実習2(館園実習)」を学外館で実習することは可能ですか?

「博物館実習2(館園実習)」は予めお知らせしている開講日程・開講地のみ受講が可能です。
そのため、学外館で実習を依頼することはできません。また、学外で受講された「博物館実習2(館園実習)」の単位として認定することもできません。

学芸員課程の科目が2科目残っているのですが、卒業研究合格後、履修できますか?

できません。卒業要件を満たしてしまいますと卒業となってしまいます。ですので、在籍期間中に博物館学芸員資格取得要件も満たせるように履修計画を立てましょう。

このページの先頭へ戻る