授業形態

芸術教養学科では、学習用Webサイト「airU(エアー・ユー)」で学習を行います。電子テキストやWebマガジンを講読し、レポート課題や単位修得試験に取り組む「テキストレポート科目(TR)」と、動画教材等を視聴し章末テストやレポート試験に取り組む「Webスクーリング科目(WS)」とがあります。主にこの2つの学習スタイルを組み合わせながら、自分自身のペースに合わせて学習計画を立てて単位を修得していきます。どちらの科目も履修登録制度はありません。年度途中に新規科目に取り組むことが可能です。
また、藝術学舎の講座は、本学通信教育部のスクーリング授業(面接授業)として開講しているため、受講し、合格すると単位が修得できます。修得した単位は「藝術学舎科目(GS)」の単位として、卒業要件に含めることができます。

 

■単位修得の流れ

TR-WS_flow

 

■履修方法の違い

授業形態 区分 履修方法
テキストレポート科目 TR TR科目は、春期(4〜6月)、夏期(7~9月)、秋期(10〜12月)、冬期(1~3月)の各3ヶ月ごとに開講されます。指定されたテキストを中心に学習し、まずはレポート課題を提出します。レポート課題に合格した後、単位修得試験を受験し合格することで単位が修得できます。
これらレポート課題の提出や単位修得試験の受験は、すべてairU上で行われ、各期に課題提出期間、試験期間が設定されています。
テキスト特別科目 TX 単位修得試験がないテキスト特別科目(TX)については、 airU学習ガイド > 3. 学習方法Web > テキスト科目(TR、TX) > TX科目(演習科目と研究科目) を参照してください。
Webスクーリング科目 WS WS科目は、春期(4〜6月)、夏期(7〜9月)、秋期(10〜12月)、冬期(1〜3月)の3ヶ月ごとに開講されます。科目により「春期と秋期」の開講、または「夏期と冬期」の開講となります。科目は、全15章で構成されており、1章あたり1〜5本の動画教材(合計20〜30分程度)を視聴します。各章ごとに設けられた章末テストに解答し、全問正解すると次章に進むことができます。15章終了後、レポート形式の試験を提出し、提出されたレポートに対する教員からの全体講評を動画で視聴することで授業が終了します。すべての動画の視聴とレポート試験の合格によって単位を修得できます。
これら動画の視聴やレポートの提出は、すべてairU上で行われ、各期にレポート試験提出期間、全体講評の視聴期間が設定されています。
藝術学舎科目 GS 京都造形芸術大学と東北芸術工科大学の公開講座「 藝術学舎 」のいくつかの講座は、それに合格することで芸術教養学科の単位に振りかえられます。講座の内容により、総合教育科目(「学芸基礎講義」「学芸基礎演習」)、学部共通専門教育科目(「学芸専門講義」「学芸専門演習」)として認定されます。
申し込みは藝術学舎Webサイト 受講申込から講座の受講まで でご確認ください。なお、受講料が別途必要となります。
※藝術学舎取得単位の単位認定については、airU学習ガイド > 3. 学習方法 > 藝術学舎科目(GS) > 単位認定の方法 を参照してください。
スクーリング科目 S 博物館学芸員課程登録者のみの対面授業。
テキスト科目 T 既修得単位認定で認定された科目のみがテキスト科目となります。1年次入学生については、本学通信教育部入学前に他の大学・短期大学および高等専門学校(専攻科)で修得した単位を、大学設置基準第30条により、本学で修得したものとみなし、本学の単位として認定しています。

このカテゴリのよくある質問

どのように学習をすすめていくのですか?

airU「学習ガイド」(学習の手引書)や「シラバス」(授業概要)をよく読んで、卒業要件から、どの科目群から何単位修得しなければいけないかを確認したうえで、興味のある科目を選び、卒業までの道すじを確認してください。その上で、まずは1年間の学習計画を立てます。計画を立てたら実際に学習を始めてください。

学習する科目には、主に「テキスト科目(TR・TX)」と「Webスクーリング科目」とがあります。「テキスト科目(TR・TX)」は、電子テキスト(教科書)やシラバスといった教材をもとに自宅で学習し、レポート課題を提出し、教員から添削指導を受け、レポート課題合格後、単位修得試験を受ける科目です。そして「Webスクーリング科目」は、動画教材と章末テストをもとに学習をすすめ、コミュニティで意見を交しながら学習をすすめ、最終的にレポート試験を受験し、教員から全体講評を受ける科目になります。
「テキスト科目(TR・TX)」は年間を通して開講しています。「Webスクーリング科目」は、春期(4-6月)と秋期(10-12月)に開講する科目と、夏期(7-9月)と冬期(1-3月)に開講する科目があります。年間を通して開講していませんので、履修したい科目がある場合は、カリキュラム一覧から開講期を確認してください。
履修する科目は、開講期内に学習が完結するように学習計画を立ててください。

※「テキスト科目(TR・TX)」は開講年度内にレポート課題と単位修得試験の合格を目指してください。また、「Webスクーリング科目」も同様に、開講期間内にレポート試験の合格と全体講評の視聴を終えるようにしてください。これらをすべてを合格、視聴することで単位が認定されます。
「Webスクーリング科目」では、開講年度内は、動画教材の視聴履歴と章末テストの合格履歴を持ち越すことができます。

履修登録(学習する科目を大学に登録)する必要はありますか?

芸術教養学科では、年度始めに履修登録する制度はありません。airUのテキスト科目(TR・TX)やWebスクーリング科目は、開講期間中であればいつでも学習を始めることができます。それゆえに、自分自身の強い意思と計画性が求められます。ご自身でしっかりと管理するようにしてください。

「入学許可証・卒業要件通知」とは何ですか?

学生各個人に対して、卒業に必要な単位数などをお知らせしている書類です(入学時に送付)。再発行はしませんので、卒業まで大切に保管してください。主に単位数と科目区分を記載し、必修科目については科目名も記載しています。科目名と科目区分についての詳細は、airU学習ガイド > 2. 教育課程 > カリキュラム > 科目一覧 をご覧ください。

ふだんの学習量はどのくらい必要ですか?

学習方法や学習計画は人それぞれです。最短年数での卒業を目指すのであれば、テキストを常に携帯して通勤電車の中で読んだり、就寝前1時間は必ず学習時間にあてたりするなど、学習時間を生活の一部にしてしまうことが大切です。なお、本学では1単位あたりの学習時間を45時間としています。ここから単純に計算すると、1年次入学生が最短の4年間で卒業する場合、1日の平均学習時間は約3.8時間となります。

どの科目を履修したらいいのでしょうか?

卒業要件にこの科目群から何単位必要という科目群ごとの修得単位数は決められていますが、必ず学習しなければならない科目(必修科目)は、「卒業研究」のみで他にはありません。卒業するためには、修得すべき単位数が決められていますので、これを満たすよう興味のある科目を組み合わせて学習計画を立ててください。airU学習ガイド > 2. 教育課程 > 履修計画 > 履修モデル (1年次入学生)airU学習ガイド > 2. 教育課程 > 履修計画 > 履修モデル (3年次編入学生)を掲載していますので、参考にしてください。

このページの先頭へ戻る