疑義照会

TR科目、TX科目のレポート課題、単位修得試験、WS科目のレポート試験の評価結果および科目の成績評価に疑義がある場合は、結果公開後2週間以内に評価内容の照会を行うことができます。照会を希望する際は、書式「評価結果内容照会票」に必要事項を記入し、次の1〜3を添えて郵送または窓口で通信教育部教務課宛に提出してください(メールでの受付はできません)。
「評価結果内容照会票」の記入内容を確認し、当該科目(課題・試験)の評価担当教員、科目責任者または教務委員会から回答します。 成績に関する事項であるため、内容を検討し大学に到着後3週間以内に回答を郵送または窓口でお返しします。
なお、照会対象となるものについて、次の段階にすでに学習を進め提出物を提出している場合は、当該評価結果を了承したものと(=疑義は生じなかったもの)とし、たとえ「評価結果内容照会票」の提出があっても照会希望に応じることはできません。

1. 評価結果内容照会票(PDF)
※評価結果に対する異議の根拠を示すなどし、照会内容を具体的に記述してください。
2. 確認したい科目の評価結果が記されたページと「airU > メンバー情報 > 成績」のページを印刷した用紙
3. 返信用封筒(郵送での返信を希望する場合、返信先を明記し発送時と同額の返信用切手を貼付してください)

このカテゴリのよくある質問

レポートや試験にすべて合格したのに、まだ科目の状況が「履修中」になっています。なぜですか?

個人の成績のページをご覧いただくと、すべての課題に合格した科目は【単位修得見込み】という成績状況になっています。【単位修得見込み】の科目は、前期末(9月末)と後期末(3月末)に行われる成績確定の後に【単位修得済】となり、修得単位数にカウントされるようになります。(ただし、【単位修得見込み】の単位も「卒業研究」履修の前提条件や卒業要件の単位にカウントされます。)
なお、【単位修得済】になるまでは科目は[ 履修中 ]の状態です。また、成績の確定にあたって、学生のみなさんで手続きしていただく必要はありません。成績が確定されたのちにメールで通知いたします。

このページの先頭へ戻る