学芸員資格取得の要件

本学において学芸員資格取得するためには、以下の4つの要件をすべて満たす必要があります。
(1)本学通信教育部を卒業すること
(2)卒業時に博物館学芸員課程に受講登録していること
(3)博物館法施行規則に定める課程(全て必修)の単位を修得していること
(4)関連科目4分野より各1科目以上(選択必修)の単位を修得していること

博物館学芸員課程では、卒業後の科目等履修制度はございません。
すなわち、卒業後に資格取得に必要な科目のみ履修することはできませんので、
在籍期間内に本課程の履修が完了できるよう学習をすすめてください。
また、博物館学芸員課程は、一度受講登録(受講費用納入)すれば、在籍期間内有効です。
毎年、受講費用を納入する必要はありませんが、関連法規等の改正や制度の変更があった場合この限りではありません。

このカテゴリのよくある質問

他大学で博物館学芸員科目を取得しているのですが、単位認定できますでしょうか?

できません。
本学博物館学芸員課程は相互に関連する科目群からカリキュラムが構成されているため、本学設置の全科目を履修することが必要です。そのため、他大学で修得された単位、高等専門学校や専修学校専門課程(専門学校)で修得された単位を本課程で修得された科目として修得単位認定することはできません。
一方、2017年度以前に京都造形芸術大学(通信教育部・通学部・科目等履修生)で修得した科目のうち、博物館法施行規則に定める科目については、既修得単位として認定審査を行います(既修得単位認定を希望する場合は、別途所定の手続きを行っていただく必要がございます)。

関連科目で既に修得している科目は、認められるのでしょうか。

はい、本学の資格取得要件として認められます。ただし、博物館学芸員としての知識を深めるためも未修得の科目があれば修得することをおすすめいたします。

このページの先頭へ戻る