S科目のシラバス

シラバスには、当該科目の授業内容や履修要件等が記されています。いずれも重要な事項ですので、履修に際して必ず熟読してください。
 
■S科目のシラバス(凡例)
 
【科目の概要】

科目名 科目名とサブタイトル
履修形態 スクーリング科目(S)
単位数 科目の単位数
配当年次 履修可能な最低年次
開講期 通年
履修の前提条件 科目を履修するにあたって必要な条件
開講日程、開催地、定員 スクーリング開講日程などの情報
担当者 授業担当教員
授業概要と到達目標 授業で何を学ぶのか、授業を通して到達すべき目標
評価基準と成績評価方法 評価の観点と方法
予習・復習 受講前の準備と受講後のふりかえりやまとめ
テキスト 科目全体を通じて使用するテキスト名
参考文献・URL 科目を学習するにあたって有益な文献やURL
注意事項・URL 履修するにあたっての注意事項

 
【授業の概要】

授業計画 スクーリング受講時の時間割および事後課題

 
【受講にあたって】

持参物 授業に持参いただくもの
諸経費 スクーリング受講料以外にかかる費用

このカテゴリのよくある質問

スクーリング3日間のうち、仕事の都合で1日出席できません。どうしたらいいでしょうか。

スクーリング科目の単位修得は、授業の全講時出席を原則としています。期間中の欠席・遅刻・早退は認められません。また、欠席・遅刻・早退が発生した場合は、単位認定の対象になりません。

「博物館実習2(館園実習)」を学外館で実習することは可能ですか?

「博物館実習2(館園実習)」は予めお知らせしている開講日程・開講地のみ受講が可能です。
そのため、学外館で実習を依頼することはできません。また、学外で受講された「博物館実習2(館園実習)」の単位として認定することもできません。

「博物館実習2(館園実習)」について、a日程で申し込んでいましたが、都合が悪くなったので他の日程に変更できますか。

受講許可後の変更は、一度キャンセル手続きを行い、追加募集のスクーリング申込期間内にて、再度スクーリングをお申し込みください。

このページの先頭へ戻る