このページを印刷する

成績評価方法と受講結果通知

■成績評価方法
各科目の成績評価方法については、該当シラバスで確認してください。授業の全日程に出席し(遅刻・早退は不可です)、科目ごとに課せられる課題を提出し、合格することが単位認定の条件となります(授業に出席するのみでは、単位認定の対象にはなりません)。
 
■成績評価を行うための提出物
成績評価を行うための提出物に、スクーリングレポート・事後課題等があります。該当する科目では必ず提出してください。
 
■スクーリングレポート・事後課題
対面授業終了後に、課題の提出を行うものです。課題内容・提出締切日など詳細は、該当シラバスにてお知らせします。
※課題の添削はありません。
 
■受講結果通知
受講したスクーリングと提出物で評価した結果を、「スクーリング受講結果通知」で、毎月月末に通知します。
この通知には、○合格(点数)、●不合格(点数)、●欠席と記載します。
合 格:成績評価が60点以上。単位認定の対象となります。
不合格:成績評価が59点以下。単位認定の対象となりません。
欠 席:全日程のうち、1日でも欠席、遅刻、早退(全講時の出席がなかった)が発生した場合、単位認定の対象となりません。

このカテゴリのよくある質問

スクーリング3日間のうち、仕事の都合で1日出席できません。どうしたらいいでしょうか。

スクーリング科目の単位修得は、授業の全講時出席を原則としています。期間中の欠席・遅刻・早退は認められません。また、欠席・遅刻・早退が発生した場合は、単位認定の対象になりません。

「博物館実習2(館園実習)」について、a日程で申し込んでいましたが、都合が悪くなったので他の日程に変更できますか。

受講許可後の変更は、一度キャンセル手続きを行い、追加募集のスクーリング申込期間内にて、再度スクーリングをお申し込みください。

「博物館実習2(館園実習)」を学外館で実習することは可能ですか?

「博物館実習2(館園実習)」は予めお知らせしている開講日程・開講地のみ受講が可能です。
そのため、学外館で実習を依頼することはできません。また、学外で受講された「博物館実習2(館園実習)」の単位として認定することもできません。

このページの先頭へ戻る