このページを印刷する

秦明子

秦 明子(ハタ アキコ)

美術の歴史を学ばれると、作品を見ることがとても楽しく感じられると思います。とは言えこの科目、実はすぐれた国語力も必要なんです。授業以外にもたくさんの作品を見て、それを言葉で表現することに慣れておくといいかもしれません。

■専門分野
西洋美術史:15世紀南北美術交流、フィレンツェ絵画
 
■出身校等
京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程研究指導認定退学、博士(人間・環境学)(2015)
 
■主な業績等
「アポロンとパン――シニョレッリ《パンの王国》についての一試論」『美術史』176冊(2014年)
「ロレンツォ・デ・メディチの宇宙論的自然観――ポッジョ・ア・カイアーノ正面入口フリーズの解釈をめぐって」『地中海学研究』38号、(2015年)
など
 
■「オススメの1冊」とオススメポイント
『〈西洋美術史を学ぶ〉ということ』喜多崎親 編、三元社、2014年
自分の「好き」という興味・関心を、どのように〈学問〉として学んでいけばいいのか、また美術史とはどんな学問なのか、三人の先生方の鼎談という形で書かれた本です。興味深いお話しの数々、読んでみて下さい。

同じ科目の教員

芸術史講義(ヨーロッパ)1

名前 担当科目 専門分野 詳細
秦 明子
(ハタ アキコ)
芸術史講義(ヨーロッパ)1 西洋美術史:15世紀南北美術交流、フィレンツェ絵画 詳細

このページの先頭へ戻る