このページを印刷する

荒川 徹(アラカワ トオル)

■専門分野
アメリカ現代美術を中心に、現代芸術作品の分析を行っています。

■主な業績等
論文:
・””Dissolving Patterns: The Wasteland Films of Abe, Teshigahara and Takemitsu,”” in UTCP Booklet 23: Place and Space in Japanese Cinema (March 2012), 29-41.
・「セザンヌの廃墟と非人間的情動」『表象06──ペルソナの詩学』(2012年4月)、205-219頁
ほか

■「オススメの1冊」とオススメポイント
伊東乾『なぜ猫は鏡を見ないか?──音楽と心の進化誌』(NHKブックス、2013年)
眼ではなく、耳からくる自己認識という問題を、現代音楽理論とともに展開した刺激的な本です。

同じ科目の教員

外国語2

名前 担当科目 専門分野 詳細
大辻 都
(オオツジ ミヤコ)
論述基礎、外国語2、詩学への案内 フランス語圏文学、現代文学全般 詳細
荒川 徹
(アラカワ トオル)
外国語2、文化研究3、学際的な知への案内 アメリカ現代美術 詳細

文化研究3

名前 担当科目 専門分野 詳細
日高 優
(ヒダカ ユウ)
文化研究3 写真論、表象文化論、批評 詳細
築地 正明
(ツキジ マサアキ)
文化研究3 映像哲学、文化・芸術研究、批評 詳細
荒川 徹
(アラカワ トオル)
外国語2、文化研究3、学際的な知への案内 アメリカ現代美術 詳細
調 文明
(シラベ ブンメイ)
文化研究3 写真史、写真批評、視覚文化論、アイドル研究 詳細

学際的な知への案内

名前 担当科目 専門分野 詳細
栗原 俊秀
(クリハラ トシヒデ)
学際的な知への案内 イタリア文学 詳細
荒川 徹
(アラカワ トオル)
外国語2、文化研究3、学際的な知への案内 アメリカ現代美術 詳細

このページの先頭へ戻る