このページを印刷する

個人ポートフォリオとGoogleClassroomの利用について

「個人ポートフォリオ」と「GoogleClassroom」を一部の領域や科目で使用します。
利用マニュアルを、以下に保管していますので、対象科目を受講される場合は、ご確認ください。
airUマイページ >教材BOX >補助教材 >学習支援

 

大学院個人ポートフォリオ_利用マニュアル2023
「個人ポートフォリオ」は、日々の自身の研究や活動、作品について記録したり、その成果を学内外に発信することができるサイトです。
学生・教員間でコメントを付け合って意見交換することもできますので、今後の研究・制作の発展につながるよう、ぜひ活用してください。
一部の領域・分野・ゼミでは授業内で利用しますので、各領域の教員からの指示に従ってください。
————
各領域個人ポートフォリオ

○芸術学・文化遺産領域
https://graduate.air-u.kyoto-art.ac.jp/portfolio/sach/
○美術・工芸領域
https://graduate.air-u.kyoto-art.ac.jp/portfolio/faa/
○写真・映像領域
https://graduate.air-u.kyoto-art.ac.jp/portfolio/phim/
○文芸領域
https://graduate.air-u.kyoto-art.ac.jp/portfolio/lit/
○コミュニケーションデザイン領域
https://graduate.air-u.kyoto-art.ac.jp/portfolio/cd/
○学際デザイン研究領域
https://graduate.air-u.kyoto-art.ac.jp/portfolio/ids/
○メディアコンテンツ領域
https://graduate.air-u.kyoto-art.ac.jp/portfolio/mc/
————

「個人ポートフォリオ」サイトのアカウントの準備が整い次第、airUマイページ > お知らせにて、初回ログイン方法と併せて周知いたします。

 

大学メールアドレス・GoogleClassroom利用ガイド
GoogleClassroomとは、科目ごとに、教員と学生間の情報提供や課題提出・受付をすることができるWeb上の学習管理システムです。
専攻共通科目の「芸術環境原論」などで使用しますが、申込スケジュールなどの詳細は各科目のシラバスをご覧ください。
履修許可者には、GoogleClassroomのご利用に先立ち、大学メールアドレス(Gmail)を発行します。
アカウント通知は、履修申込〆切後1週間以内をめどに、大学にご登録のメールアドレス宛に送信します。
アカウントが届いたら、利用ガイドの前半にある「大学メールアドレス利用ガイド」に従って、Gmailにログインし、大学メールアドレスの受信設定を行ってください。
その後、その大学メールアドレス宛に受講科目のGoogleClassroomへの招待メールが届きますので、利用ガイドの後半にある「GoogleClassroom利用ガイド」を参考にClassroomに参加してください。

このページの先頭へ戻る