履修モデル(博物館学芸員課程)

入学形態や受講開始時期によって履修計画が異なりますが、博物館法施行規則に定める科目は現地に赴き調査や考察が必要な課題が多いため、可能な限り早期に学習を始めるようにしてください。なお、関連法規等の変更により履修モデルは改訂されることがあります。
また、本課程では卒業後に資格取得に必要な科目のみを履修することはできませんので、在籍期間中に卒業に向けた学習と並行して履修を進めてください。

 

▼画像をクリックしてください。
 
3年間の履修モデル

 

2年間の履修モデル

 

<芸術教養学科後期入学者>
3年間の履修モデル

<芸術教養学科後期入学者>
2年間の履修モデル

このページの先頭へ戻る