• HOME
  • よくあるご質問

このページを印刷する

よくあるご質問

1. airUについて

入学するにあたって、パソコンを用意する必要はありますか?

芸術教養学科では、学習用Webサイト「airU(エアー・ユー)」や電子書籍ビューアアプリケーション「BookLooper(ブックルーパー)」を利用して学習していただきます。お持ちのパソコン等やネットワークが必要な環境を満たしているか確認してください。また、パソコン等をお持ちでない方は、購入するなどして準備してください。学習に必要なシステム環境について詳しくは、airU学習ガイド > 1. airUについて > システム要件をご確認ください。

2. 教育課程

今年度入学しました。まずはじめに何をすればいいですか?

例年4〜5月に、各地で新入生ガイダンスを開催します(札幌、東京、京都、福岡 ※2017年度の開催地)。新入生の方は、可能な限りまずはこちらに出席してください。その後は、定期的なガイダンスはありませんので、是非この新入生ガイダンスに出席して、芸術教養学科の履修方法やカリキュラム内容を習得し、学習のスタートとしてください。

いつから学習を始められますか?

前期入学者は4月1日、後期入学者は10月1日以降で入学許可がでていれば、すぐに学習を始めることができます。特に最短年数での卒業を目指す方は、入学許可がでましたらすぐに学習を始めてください。

履修登録(学習する科目を大学に登録)する必要はありますか?

芸術教養学科では、年度始めに履修登録する制度はありません。airUのテキスト科目(TR・TX)やWebスクーリング科目は、開講期間中であればいつでも学習を始めることができます。それゆえに、自分自身の強い意思と計画性が求められます。ご自身でしっかりと管理するようにしてください。

どのように学習をすすめていくのですか?

airU「学習ガイド」(学習の手引書)や「シラバス」(授業概要)をよく読んで、卒業要件から、どの科目群から何単位修得しなければいけないかを確認したうえで、興味のある科目を選び、卒業までの道すじを確認してください。その上で、まずは1年間の学習計画を立てます。計画を立てたら実際に学習を始めてください。

学習する科目には、主に「テキスト科目(TR・TX)」と「Webスクーリング科目」とがあります。「テキスト科目(TR・TX)」は、電子テキスト(教科書)やシラバスといった教材をもとに自宅で学習し、レポート課題を提出し、教員から添削指導を受け、レポート課題合格後、単位修得試験を受ける科目です。そして「Webスクーリング科目」は、動画教材と章末テストをもとに学習をすすめ、コミュニティで意見を交しながら学習をすすめ、最終的にレポート試験を受験し、教員から全体講評を受ける科目になります。
「テキスト科目(TR・TX)」は年間を通して開講しています。「Webスクーリング科目」は、春期(4-6月)と秋期(10-12月)に開講する科目と、夏期(7-9月)と冬期(1-3月)に開講する科目があります。年間を通して開講していませんので、履修したい科目がある場合は、カリキュラム一覧から開講期を確認してください。
履修する科目は、開講期内に学習が完結するように学習計画を立ててください。

※「テキスト科目(TR・TX)」は開講年度内にレポート課題と単位修得試験の合格を目指してください。また、「Webスクーリング科目」も同様に、開講期間内にレポート試験の合格と全体講評の視聴を終えるようにしてください。これらをすべてを合格、視聴することで単位が認定されます。
「Webスクーリング科目」では、開講年度内は、動画教材の視聴履歴と章末テストの合格履歴を持ち越すことができます。

どの科目を履修したらいいのでしょうか?

卒業要件にこの科目群から何単位必要という科目群ごとの修得単位数は決められていますが、必ず学習しなければならない科目(必修科目)は、「卒業研究」のみで他にはありません。卒業するためには、修得すべき単位数が決められていますので、これを満たすよう興味のある科目を組み合わせて学習計画を立ててください。airU学習ガイド > 2. 教育課程 > 履修計画 > 履修モデル (1年次入学生)airU学習ガイド > 2. 教育課程 > 履修計画 > 履修モデル (3年次編入学生)を掲載していますので、参考にしてください。

ふだんの学習量はどのくらい必要ですか?

学習方法や学習計画は人それぞれです。最短年数での卒業を目指すのであれば、テキストを常に携帯して通勤電車の中で読んだり、就寝前1時間は必ず学習時間にあてたりするなど、学習時間を生活の一部にしてしまうことが大切です。なお、本学では1単位あたりの学習時間を45時間としています。ここから単純に計算すると、1年次入学生が最短の4年間で卒業する場合、1日の平均学習時間は約3.8時間となります。

分からないことがある時はどうしたらいいですか?

学習内容に関する質問は、各科目の「授業への質問フォーム」から受け付けています。分からないことは悩んだり推測したりせずに、どんどん質問してください。

「英語」や「体育」などの単位を、以前に短大・大学で修得しています。認定してもらえますか?

本学の既修得単位認定は、既修得科目と本学の科目とを、一つ一つ照合させて個別に認定するものではありません。「総合教育科目」として、最大で30単位を一括認定しています。以前に修得した科目と同じ名称の科目を本学で再度学習することもできますし、逆に、同じ名称の科目を履修しないこともできます。また、一括認定の30単位はテキスト科目のみで認定します。なお、既修得単位認定は1年次入学生に限ります。編入学生に対しては行いません。

「入学許可証・卒業要件通知」とは何ですか?

学生各個人に対して、卒業に必要な単位数などをお知らせしている書類です(入学時に送付)。再発行はしませんので、卒業まで大切に保管してください。主に単位数と科目区分を記載し、必修科目については科目名も記載しています。科目名と科目区分についての詳細は、airU学習ガイド > 2. 教育課程 > カリキュラム > 科目一覧 をご覧ください。

進級するために、クリアしなければならない条件はありますか?

芸術教養学科では、「進級」するという概念はありません。卒業研究に取り組むために設けられている条件が、唯一のハードルです。詳しくは、airU学習ガイド > 2. 教育課程 > 制度について > 卒業研究の履修 をご覧ください。

3. 学習方法

印刷されたテキストは購入できますか?

指定されている電子テキストと同じものが、印刷製本された書籍として市販されている場合は、書店で購入する、図書館で借りる等で、手元に書籍を置きながら学習することができます。
総合教育科目は一部の科目のテキストを除き、市販されています。
(外国語1のテキスト『On Your Way!』は、紙書籍には解答が付属しておりません。)
専門教育科目は、すべて本学オリジナルテキストを使用しています。電子版はBookLooperにて無料で閲覧することができます。また、BookLooperで公開している電子テキスト「芸術教養シリーズ」は、印刷製本された書籍が、順次全国の書店でも販売されています。芸術教養学科の学生は、印刷製本版テキストの販売サイト「airU BOOKSTORE」にて、学生特別価格で購入することもできます。
本学オリジナルテキストの購入方法については、airUホームの「お知らせ」にて告知しておりますので、ご確認ください。
「airU BOOKSTORE」について詳しくは、airU学習ガイド > 3. 学習方法 > テキスト > 印刷製本版テキストの購入方法 をご覧ください。

レポート課題の課題提出期間を過ぎてしまいました。提出することはできませんか?

課題提出期間を過ぎると、提出はできません。次の提出機会に提出するようにしてください。

レポート課題が不合格になりました。単位修得はできないのでしょうか?

レポート課題が不合格になった際は、次の提出機会に再提出することができます。教員からの添削を参考に再度課題に取り組んでください。

テキストレポート(TR)科目の単位修得試験はどのように対策をしたらいいですか?

テキストレポート(TR)科目のシラバスの「課題の概要」に「試験のポイント」という項目が記載されています。
これは、単位修得試験を受験するにあたって、事前に学習するべきポイントを5つ挙げたものです。Webテキスト科目の学習を進めるにあたり、この「試験のポイント」にも取り組んでおき、単位修得試験を受験する際にも参照できるようにしておくとよいでしょう。

単位修得試験を受験しました。提出後、修正したい箇所があったのですが、修正できませんか?

単位修得試験は、試験をWeb上で行っています。通常の試験と同様、解答提出後の修正等は一切できません。

動画を15章まで視聴し、章末テストも合格したのですが、レポート試験を提出しませんでした。再度、1章から取り組まないといけないのでしょうか?

原則、開講期内にレポート試験の合格と全体講評動画の視聴を終えてください。ただし、完了できなかった場合でも、年度内であれば履修が継続します。例えば、前期に動画教材の視聴を開始したがレポート試験を提出しなかった場合、後期に動画教材の視聴履歴と章末テストの合格履歴を持ち越し、続けて履修することができます。

BookLooperでデバイス登録ができないのですが、どうしたらいいですか?デバイス数上限とはなんですか?

BookLooperは、パソコンやタブレット端末、スマートフォンで利用でき、パソコンを除き最大3台までのデバイスで利用できます。4台以上は登録できませんので、使用する端末3台を選択しデバイス登録を行ってください。デバイスの登録及び解除は、BookLooperアプリのメニューの「アプリ設定 > ユーザー設定」へ進み、行うことができます。
また、登録デバイス数が上限に達すると「他のデバイスの登録を解除しますか?」というダイアログが表示されます。画面表示にしたがって削除するデバイスを選び、削除してください。

スクーリング科目は必修ですか?

スクーリング科目(藝術学舎で開講される科目)は受講しなくても卒業要件を満たせます。

なお、もし受講される場合は、全日程に出席し、各講座の所定の提出物や成果物に取り組んでいただき合格評価を得なければ単位は認定できません。

タブレット端末を買い替えたので、BookLooperへ新たに登録できますか?

BookLooperは、パソコンやタブレット端末、スマートフォンで利用でき、パソコンを除き最大3台までのデバイスで利用できます。デバイスの登録及び解除は、BookLooperアプリのメニュー「アプリ設定 > ユーザー設定」へ進み、行うことができます。

レポートや試験にすべて合格したのに、まだ科目の状況が「履修中」になっています。なぜですか?

個人の成績のページをご覧いただくと、すべての課題に合格した科目は【単位修得見込み】という成績状況になっています。【単位修得見込み】の科目は、前期末(9月末)と後期末(3月末)に行われる成績確定の後に【単位修得済】となり、修得単位数にカウントされるようになります。(ただし、【単位修得見込み】の単位も「卒業研究」履修の前提条件や卒業要件の単位にカウントされます。)
なお、【単位修得済】になるまでは科目は[ 履修中 ]の状態です。また、成績の確定にあたって、学生のみなさんで手続きしていただく必要はありません。成績が確定されたのちにメールで通知いたします。

レポートを入力していましたが、「接続の有効時間切れ」と表示され、入力していたものが消えてしまいました。

airUはセキュリティのため、90分以上画面遷移の操作がない場合自動的にログアウトします。
90分以内に3200字のレポートを一気に書いてしまうことはできないと思いますので、レポート記入欄や参考文献欄を入力するときは、こまめに一時保存して入力したものが消えてしまわないように注意してください。
また、テキストエディタやワープロソフトを用いてレポートを作成しておき、コピー&ペーストして一時保存するのもよいでしょう。

以前提出したレポートや受験した試験は見られますか?

過去に提出したレポート・試験は「airU > メンバー情報 > 成績」の該当科目の評価欄 から確認できます。

休学した場合、BookLooper、airU BOOKSTOREは利用できますか?

在籍中であればBookLooperおよびairU BOOKSTOREの利用制限はありません。休学していてもBookLooperを利用して電子テキストを購入・閲覧する、airU BOOKSTOREで印刷製本版の書籍を購入することができます。

休学した場合、コミュニティは利用できますか?

休学中でもコミュニティは利用できます。

履修途中の科目がありますが休学を予定しています。復学後はどうなりますか?

履修は年度ごとの「単年度履修」制度となっています。
休学年度をまたいでの継続履修はできません。科目の履修途中で休学し、復学した後に改めてその科目の単位修得を目指す場合は、課題に最初から取り組む必要があります。
また、休学中は科目シラバスの閲覧はできますが、「>次へ」ボタンやナビゲーションバーが表示されず、科目の履修を開始することはできません。

4. 学籍・事務手続き

ログインIDやパスワードは変更できますか?

ログインIDやパスワードは、airU上でご自身で変更することができます。

変更方法の詳細は、airU学習ガイド > 4. 学籍・事務手続き > 登録情報の変更 > 登録情報の変更 の「住所やメールアドレスなどの変更」の項目を確認してください。
また、パスワードは定期的に変更するほうがいいでしょう。アカウントの不正アクセスを防ぐため、簡単に推測されないようなパスワードを作成してください。

最近、引越しました。メールアドレスや住所変更の届け出は必要でしょうか?

メールアドレスや住所等が変わった場合は、すみやかに登録情報を変更してください(airU上で、ご自身で変更することができます)。変更方法の詳細は、airU学習ガイド > 4. 学籍・事務手続き > 登録情報の変更 > 登録情報の変更 の「住所やメールアドレスなどの変更」の項目を確認してください。
なお、氏名についてはご自身では変更することができません。通信教育部学生課まで届け出が必要です(変更後の氏名の学生証を再発行します)。変更手続きにあたっては、戸籍抄本などで、新旧の氏名変更が確認できる公的な証明書の提出が必要です。変更方法の詳細は、airU学習ガイド > 4. 学籍・事務手続き > 登録情報の変更 > 登録情報の変更 の「氏名の変更」の項目を確認してください。

「学籍更新」とは何ですか?

次年度も本学に在籍(学習・休学)することを学籍更新といいます。次年度に学習または休学する場合、或いは年度末での退学や転籍を希望する場合は、必ず学籍更新手続き期間内に申請手続き(学習または休学の場合は授業料または休学料の納入手続きも)を行ってください。詳細は、airU学習ガイド > 4. 学籍・事務手続き > 学籍更新・その他の学籍異動 を確認してださい。

学習を続けることが困難な場合、休学できますか?

休学は、1年間の年度単位(前期入学の場合は4月1日〜翌年3月31日、後期入学の場合は10月1日〜翌9月30日)で可能です。在籍年限内(1年次入学:9年間、3年次編入学:7年間)に最長で通算4年間まで休学できます(入学年度の休学はできません)。
休学料は1年間20,000円(2015年度実績)で、この期間は年間授業料は必要ありません。休学を希望する場合は、次年度の学籍更新手続期間に、休学の申請および休学料納入手続きを行ってください。詳細は、airU学習ガイド > 4. 学籍・事務手続き > 学籍更新・その他の学籍異動 を確認してださい。

なお、休学期間は修業年限には含まれませんが、在籍年限には含まれます。

現在休学しているのですが、再度学習をはじめたいと思います。いつから復学できますか?

休学期間は年度単位(1年間)です。休学生の方が復学して再度学習を始めるのは、前期入学の方は4月1日から、後期入学の方は、10月1日からです。次年度の学籍更新手続期間に、復学の申請をしてください。詳細は、airU学習ガイド > 4. 学籍・事務手続き > 学籍更新・その他の学籍異動 を確認してださい。

※入学年度に休学することはできません。

学科やコースを変えることはできますか?

在籍2年目以降にコース変更を認める制度を設けています(在籍年限内に1回のみ)。なお、後期(10月)入学の方は学習期間が異なるためコース変更はできません。

通学部に移ることはできますか?

一定の条件を満たしたうえで、転籍試験に合格すれば、通信教育部から本学通学部へ移ることができます(転籍)。詳細は、airU学習ガイド > 4. 学籍・事務手続き > 学籍更新・その他の学籍異動 を確認してださい。

5. 学費等

学費(授業料、休学料)はどのように支払うのですか?

年に1度、次年度の学籍更新の時期に、クレジットカード、ネットバンキング、コンビニ決済、ローン(オリコによる大学提携ローン)のいずれかの方法で支払い手続きを行ってください。なお、休学料についてはローン以外の方法を選択してください。

最短年数(1年次入学:4年、3年次編入学:2年)で卒業できなかった場合、授業料はどうなりますか?

在籍して卒業するためには、在籍期間分の年間授業料が必要です。

6. 学習支援

学割は使えますか?

通信教育部主催の入学式やガイダンス、藝術学舎の講座(単位認定有の場合のみ)の受講で、JRの学生割引が利用できます。普通乗車券のみ対象で、2割引になります。片道100km以上の場合に申請できますが、発行には条件がありますので、airU学習ガイド > 6. 学習支援 > JR学割・学外施設の優待学校学生生徒旅客運賃割引証(JR学割) にて確認のうえ、申請してください。その他、美術館、映画、食堂、携帯電話などの料金が学割対象となる場合があります(利用時に各自でご確認ください)。

7. 資格課程

「博物館実習2(館園実習)」について、a日程で申し込んでいましたが、都合が悪くなったので他の日程に変更できますか。

受講許可後の変更は、一度キャンセル手続きを行い、追加募集のスクーリング申込期間内にて、再度スクーリングをお申し込みください。

「博物館実習2(館園実習)」を学外館で実習することは可能ですか?

「博物館実習2(館園実習)」は予めお知らせしている開講日程・開講地のみ受講が可能です。
そのため、学外館で実習を依頼することはできません。また、学外で受講された「博物館実習2(館園実習)」の単位として認定することもできません。

スクーリング3日間のうち、仕事の都合で1日出席できません。どうしたらいいでしょうか。

スクーリング科目の単位修得は、授業の全講時出席を原則としています。期間中の欠席・遅刻・早退は認められません。また、欠席・遅刻・早退が発生した場合は、単位認定の対象になりません。

他大学で博物館学芸員科目を取得しているのですが、単位認定できますでしょうか?

できません。
本学博物館学芸員課程は相互に関連する科目群からカリキュラムが構成されているため、本学設置の全科目を履修することが必要です。そのため、他大学で修得された単位、高等専門学校や専修学校専門課程(専門学校)で修得された単位を本課程で修得された科目として修得単位認定することはできません。
一方、2017年度以前に京都造形芸術大学(通信教育部・通学部・科目等履修生)で修得した科目のうち、博物館法施行規則に定める科目については、既修得単位として認定審査を行います(既修得単位認定を希望する場合は、別途所定の手続きを行っていただく必要がございます)。

何年間で受講することができますか?

卒業と同時に学芸員資格を取得するための要件を満たすため、標準的な受講期間は3年間です。
3年次編入学の場合、1年目で博物館実習以外のほぼすべての科目を修得しなければなりませんので、強い意志や目標を持つことと、綿密な履修計画が必要です。

学芸員課程の科目が2科目残っているのですが、卒業研究合格後、履修できますか?

できません。卒業要件を満たしてしまいますと卒業となってしまいます。ですので、在籍期間中に博物館学芸員資格取得要件も満たせるように履修計画を立てましょう。

学芸員資格を取得すれば、学芸員として博物館や美術館で働くことができますか?

実際に博物館や美術館で働くためには、資格取得後、各博物館・美術館の採用試験を受けなければいけません。求人が非常に少ないため、資格を取得すれば、すぐに学芸員として勤務できるとは限りません。しかし地域の美術館などでボランティアスタッフとして活躍するなど、その資格を活かして幅広く活動している方もいらっしゃいます。インターネットでも学芸員募集情報を得ることが出来ますので、検索してみてください。

次年度に卒業をする予定ですが、博物館学芸員課程に登録できますか?

できません。標準な履修期間は3年間、最短でも2年間は必要です。そのため、次年度卒業を目指す(卒業研究に着手する)場合、資格取得はできませんので、履修計画を立て直し、受講登録いただくこととなります。

関連科目で既に修得している科目は、認められるのでしょうか。

はい、本学の資格取得要件として認められます。ただし、博物館学芸員としての知識を深めるためも未修得の科目があれば修得することをおすすめいたします。

8. キャンパス案内・宿泊案内

大学の施設はどの程度使えますか?

瓜生山キャンパスの芸術文化情報センター(図書館)、学生食堂、ラウンジや、東京外苑キャンパスのライブラリーコーナー等を利用することができます。ただし曜日により開館時間が異なったり、時期により閉館している場合があります。

就職相談はできますか?

はじめて就職する方を対象に、通学部のキャリアデザインセンター(瓜生山キャンパス内)で対応しています(求人票の閲覧もできます)。ただし、通学部生対象のセクションですので、再就職や転職に関する相談には応じていません。利用に際しては事前に申込が必要ですので、まずはコンシェルジュへご連絡ください。

このページの先頭へ戻る