• HOME
  • 4. 学籍・事務手続き

このページを印刷する

4. 学籍・事務手続き

学籍番号

学籍は学籍番号によって管理され、それを証明するものとして学生証が発行されます。

学籍番号

学生証

学生証は身分証明書として常に携行してください。

学生証

学籍更新・その他の学籍異動

次年度も本学に在籍(学習・休学)することを学籍更新といい、学費(授業料・休学料)の納入をもって更新が許可されます。

学籍更新の各種手続き(学習継続・休学・復学・コース変更・博物館学芸員課程受講登録・退学・転籍)

年限退学(在籍年限終了による退学)

登録情報の変更

住所、メールアドレス、ログインID、パスワード、緊急連絡先等、大学に登録している内容を変更する場合、airU上の「学籍情報」の項目からご自身で変更することができます。氏名変更の場合は、通信教育部学生課まで届け出が必要です(変更後の氏名の学生証を発行します)。

登録情報の変更

学生証再発行・各種証明書の発行

学生証の紛失・破損等により再発行が必要な場合は「学生証再発行」をご確認ください(氏名変更による学生証再発行の場合は、「登録情報の変更」をご確認ください)。各種証明書の発行申請が必要な場合は「各種証明書発行」をご確認ください。

学生証再発行・国際学生証

各種証明書発行

このカテゴリのよくある質問

最近、引越しました。メールアドレスや住所変更の届け出は必要でしょうか?

メールアドレスや住所等が変わった場合は、すみやかに登録情報を変更してください(airU上で、ご自身で変更することができます)。変更方法の詳細は、airU学習ガイド > 4. 学籍・事務手続き > 登録情報の変更 > 登録情報の変更 の「住所やメールアドレスなどの変更」の項目を確認してください。
なお、氏名についてはご自身では変更することができません。通信教育部学生課まで届け出が必要です(変更後の氏名の学生証を再発行します)。変更手続きにあたっては、戸籍抄本などで、新旧の氏名変更が確認できる公的な証明書の提出が必要です。変更方法の詳細は、airU学習ガイド > 4. 学籍・事務手続き > 登録情報の変更 > 登録情報の変更 の「氏名の変更」の項目を確認してください。

「学籍更新」とは何ですか?

次年度も本学に在籍(学習・休学)することを学籍更新といいます。次年度に学習または休学する場合、或いは年度末での退学や転籍を希望する場合は、必ず学籍更新手続き期間内に申請手続き(学習または休学の場合は授業料または休学料の納入手続きも)を行ってください。詳細は、airU学習ガイド > 4. 学籍・事務手続き > 学籍更新・その他の学籍異動 を確認してださい。

ログインIDやパスワードは変更できますか?

ログインIDやパスワードは、airU上でご自身で変更することができます。

変更方法の詳細は、airU学習ガイド > 4. 学籍・事務手続き > 登録情報の変更 > 登録情報の変更 の「住所やメールアドレスなどの変更」の項目を確認してください。
また、パスワードは定期的に変更するほうがいいでしょう。アカウントの不正アクセスを防ぐため、簡単に推測されないようなパスワードを作成してください。

学科やコースを変えることはできますか?

在籍2年目以降にコース変更を認める制度を設けています(在籍年限内に1回のみ)。なお、後期(10月)入学の方は学習期間が異なるためコース変更はできません。

学習を続けることが困難な場合、休学できますか?

休学は、1年間の年度単位(前期入学の場合は4月1日〜翌年3月31日、後期入学の場合は10月1日〜翌9月30日)で可能です。在籍年限内(1年次入学:9年間、3年次編入学:7年間)に最長で通算4年間まで休学できます(入学年度の休学はできません)。
休学料は1年間20,000円(2015年度実績)で、この期間は年間授業料は必要ありません。休学を希望する場合は、次年度の学籍更新手続期間に、休学の申請および休学料納入手続きを行ってください。詳細は、airU学習ガイド > 4. 学籍・事務手続き > 学籍更新・その他の学籍異動 を確認してださい。

なお、休学期間は修業年限には含まれませんが、在籍年限には含まれます。

このページの先頭へ戻る