• HOME
  • 3. 学習方法

このページを印刷する

3. 学習方法

テキスト科目(TR・TX)

テキストや補助教材をもとに学習を進める科目です。レポート課題を提出し合格した後、単位修得試験を受験して一連の授業が終了します。(TXは試験なし)
※学際デザイン研究領域のテキスト科目はTXのみです。履修方法等については各科目のシラバスを確認してください。

TR科目 履修の流れ

レポート課題

単位修得試験

TX科目(芸術教養学科)

テキスト科目のシラバス

注意事項

Webスクーリング科目(WS)

動画教材を中心に学習を進める科目です。動画を学習し終わったら、レポート試験を提出し、全体講評を受けて授業が終了します。

WS科目 履修の流れ

レポート試験

全体講評(動画)

WS科目のシラバス

注意事項

SR科目

学際デザイン研究領域の演習・研究科目(ゼミ)はすべてWeb上で実施されます。

演習・研究科目スクーリング(SR)

教材・テキスト

教材・テキストの提供方法にはいくつかの形態があります。
大きくは印刷製本版と電子版に分かれますが、その中にも複数の種類と入手法があります。
特にBookLooper版の電子テキストでは専用のサイト/アプリケーションを使用して購入・閲覧しますので、以下の使用方法を参照してください。

教材・テキストの入手方法

テキスト一覧

BookLooperへのアクセス方法

BookLooperでの購入・閲覧方法

BookLooperの主な機能

BookLooperの閲覧期限

ブリタニカ・オンライン(Web)の利用方法

airUコミュニティ

airUコミュニティは、芸術教養学科の学生と教員専用のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。各授業のコミュニティで教員や他の受講生と議論したり、学生同士でコミュニティを立ち上げ交流することもできます。

airUコミュニティの基本機能

メンバーとの交流

コミュニティへの参加

コミュニティの作成

airUコミュニティ利用上の注意

藝術学舎科目(GS)

東京藝術学舎・大阪藝術学舎・京都藝術学舎の講座は、京都芸術大学通信教育部の正科の授業科目(スクーリング)として開講しており、芸術教養学科の在学生が藝術学舎の講座を受講し取得した単位については、通信教育部事務局において自動的に単位認定を行います。

単位認定の方法(学習中)

成績評価

自分自身の成績状況・履修状況をしっかり把握しましょう。

履修状況の確認方法

成績証明書の発行

疑義照会

このカテゴリのよくある質問

動画教材を試しに視聴しました。「履修中」と表示されるのですが、今年度中に単位修得しないと成績評価に影響しますか?

履修中のWS科目につき、同一年度内にレポート試験を一度も提出しなかった場合は、成績評価の対象となりません。
当年度が終了しますと、その科目は履修していなかったものとみなされ、自動的に「未履修」に戻ります。

休学した場合、BookLooperは利用できますか?

在籍中であればBookLooperの利用制限はありません。休学していてもBookLooperを利用して電子テキストを購入・閲覧することができます。

テキストも参考文献に明記するのですか?

科目で指定しているテキストについては、参考文献としての明記は不要です。ただし、本文中で引用をした場合には、出典元の記載が必要となります。

試験時間内に指定字数内でまとめる自信がないのですが、必ず指定字数を守らないといけないのですか?

レポート課題と同様に、基本的には指定字数のプラスマイナス1割以内を目安に解答してください。単位修得試験の解答欄は、指定字数に限らず最大2000字まで入力が可能です。ただし、参考文献欄がありませんので、本文中で引用をした場合は解答欄に出典元を明記してください。指定字数はあくまでも解答本文に対する字数ですので参考文献は指定字数には含みませんが、解答欄に入力された場合には、その分ご自身の解答を入力する字数が減ってしまいますので留意してください。

後期入学生(10月入学)です。入学年度の秋期にWS科目を受講し、不合格となったのですが、動画の視聴履歴や章末テストを持ち越して履修を継続できますか?

後期入学生の「年度」については2通りの考え方があり、学籍更新等にかかわる「学籍年度」は【10/1~翌年9/31】が区切りですが、履修にかかわる「履修年度」については前期入学生と同じく【4/1~翌年3/31】となります。
本学の単年度履修制度では「履修年度」が適用されるので、初年度に限っては半年間(10/1~翌年3/31まで)で、いったん学習の区切りとなります。
したがって、翌年度以降に再履修となるので、動画教材の視聴や章末テストに改めて取り組んでください。

このページの先頭へ戻る