• HOME
  • 3. 学習方法

このページを印刷する

3. 学習方法

テキスト科目(TR・TX)

テキストや補助教材をもとに学習を進める科目です。レポート課題を提出し合格した後、単位修得試験を受験して一連の授業が終了します。(TXは試験なし)
※学際デザイン研究領域のテキスト科目はTXのみです。履修方法等については各科目のシラバスを確認してください。

TR科目 履修の流れ

レポート課題

単位修得試験

TX科目(芸術教養学科)

テキスト科目のシラバス

注意事項

Webスクーリング科目(WS)

動画教材を中心に学習を進める科目です。動画を学習し終わったら、レポート試験を提出し、全体講評を受けて授業が終了します。

WS科目 履修の流れ

レポート試験

全体講評(動画)

WS科目のシラバス

注意事項

SR科目

学際デザイン研究領域の演習・研究科目(ゼミ)はすべてWeb上で実施されます。

演習・研究科目スクーリング(SR)

教材・テキスト

教材・テキストの提供方法にはいくつかの形態があります。
大きくは印刷製本版と電子版に分かれますが、その中にも複数の種類と入手法があります。
特にBookLooper版の電子テキストでは専用のサイト/アプリケーションを使用して購入・閲覧しますので、以下の使用方法を参照してください。

教材・テキストの入手方法

テキスト一覧

BookLooperへのアクセス方法

BookLooperでの購入・閲覧方法

BookLooperの主な機能

BookLooperの閲覧期限

ブリタニカ・オンライン(Web)の利用方法

airUコミュニティ

airUコミュニティは、芸術教養学科の学生と教員専用のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。各授業のコミュニティで教員や他の受講生と議論したり、学生同士でコミュニティを立ち上げ交流することもできます。

airUコミュニティの基本機能

メンバーとの交流

コミュニティへの参加

コミュニティの作成

airUコミュニティ利用上の注意

藝術学舎科目(GS)

東京藝術学舎・大阪藝術学舎・京都藝術学舎の講座は、京都芸術大学通信教育部の正科の授業科目(スクーリング)として開講しており、芸術教養学科の在学生が藝術学舎の講座を受講し取得した単位については、通信教育部事務局において自動的に単位認定を行います。

単位認定の方法(学習中)

成績評価

自分自身の成績状況・履修状況をしっかり把握しましょう。

履修状況の確認方法

成績証明書の発行

疑義照会

このカテゴリのよくある質問

藝術学舎科目(GS)は必修ですか?

GS科目(藝術学舎講座の単位認定科目)は受講しなくても卒業要件を満たせます。

なお、もし受講される場合は、全日程に出席し、各講座の所定の提出物や成果物に取り組んでいただき合格評価を得なければ単位は認定できません。

レポート課題が不合格になりました。単位修得はできないのでしょうか?

レポート課題が不合格になった際は、次の提出機会に再提出することができます。教員からの添削を参考に再度課題に取り組んでください。

単位修得試験とは何ですか?

テキスト科目のうちTR科目は、レポート課題と試験の両方に合格することで、はじめて単位を修得することができます。この試験を単位修得試験といいます。単位修得試験は「論述式」です。各科目のシラバスに「試験のポイント」を記載していますので、準備をしてから試験に臨んでください。

airUマイページのレポート課題入力画面で文頭の一字下げができないのですが、どうしたらいいですか?

一字下げをする場合は、全角スペースで入力してください。文頭の半角スペースは、確認画面や提出時には詰めて表示されてしまいます。なお、使用機器によっては全角スペースの入力が難しい場合もありますので、airUから提出される場合は一字下げができていなくても評価の対象とはなりません。

単位修得試験を受験しました。提出後、修正したい箇所があったのですが、修正できませんか?

単位修得試験は、試験をWeb上で行っています。通常の試験と同様、解答提出後の修正等は一切できません。

このページの先頭へ戻る