• HOME
  • 3. 学習方法

このページを印刷する

3. 学習方法

テキスト科目(TR・TX)

テキストや補助教材をもとに学習を進める科目です。レポート課題を提出し、評価・講評を受け取ったのち、単位修得試験を受験して一連の授業が終了します。(TXは試験なし)

TR科目 履修の流れ

レポート課題

単位修得試験

TX科目(演習科目と研究科目)

テキスト科目のシラバス

注意事項

Webスクーリング科目(WS)

動画教材を中心に学習を進める科目です。動画を学習し終わったら、レポート試験を提出し、全体講評を受けて授業が終了します。

WS科目 履修の流れ

レポート試験

全体講評(動画)

WS科目のシラバス

注意事項

テキスト

電子書籍ビューアアプリケーション「BookLooper(ブックルーパー)」を使用し、科目ごとに指定された電子テキストをダウンロードし、学習を進めてください。ダウンロードした電子テキストは、自身のBookLooper上の本棚へ保管され、いつでも、どこでも、好きな時に閲覧することができます。芸術教養学科の電子テキストは、BookLooper以外のアプリケーションでは使用できません。
また、市販されていないテキストも印刷製本版で購入できます。詳しくは以下「印刷製本版テキストの購入方法」を参照してください。

BookLooperへのアクセス方法

電子テキストの購入・閲覧方法

BookLooperの主な機能

テキスト一覧

閲覧期限

印刷製本版テキストの購入方法

airUコミュニティ

airUコミュニティは、通信教育部の学生と教員専用のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。各授業のコミュニティで教員や他の受講生と議論したり、学生同士でコミュニティを立ち上げ交流することもできます。

airUコミュニティの基本機能

メンバーとの交流

コミュニティへの参加

コミュニティの作成

airUコミュニティ利用上の注意

藝術学舎科目(GS)

東京藝術学舎・大阪藝術学舎・京都藝術学舎の講座は、京都造形芸術大学通信教育部の正科の授業科目(スクーリング)として開講しており、芸術教養学科の在学生が藝術学舎の講座を受講し取得した単位については、通信教育部事務局において自動的に単位認定を行います。

単位認定の方法

成績評価

自分自身の成績状況・履修状況をしっかり把握しましょう。

履修状況の確認方法

成績証明書の発行

疑義照会

このカテゴリのよくある質問

レポートや試験にすべて合格したのに、まだ科目の状況が「履修中」になっています。なぜですか?

個人の成績のページをご覧いただくと、すべての課題に合格した科目は【単位修得見込み】という成績状況になっています。【単位修得見込み】の科目は、前期末(9月末)と後期末(3月末)に行われる成績確定の後に【単位修得済】となり、修得単位数にカウントされるようになります。(ただし、【単位修得見込み】の単位も「卒業研究」履修の前提条件や卒業要件の単位にカウントされます。)
なお、【単位修得済】になるまでは科目は[ 履修中 ]の状態です。また、成績の確定にあたって、学生のみなさんで手続きしていただく必要はありません。成績が確定されたのちにメールで通知いたします。

スクーリング科目は必修ですか?

スクーリング科目(藝術学舎で開講される科目)は受講しなくても卒業要件を満たせます。

なお、もし受講される場合は、全日程に出席し、各講座の所定の提出物や成果物に取り組んでいただき合格評価を得なければ単位は認定できません。

動画を15章まで視聴し、章末テストも合格したのですが、レポート試験を提出しませんでした。再度、1章から取り組まないといけないのでしょうか?

原則、開講期内にレポート試験の合格と全体講評動画の視聴を終えてください。ただし、完了できなかった場合でも、年度内であれば履修が継続します。例えば、前期に動画教材の視聴を開始したがレポート試験を提出しなかった場合、後期に動画教材の視聴履歴と章末テストの合格履歴を持ち越し、続けて履修することができます。

テキストレポート(TR)科目の単位修得試験はどのように対策をしたらいいですか?

テキストレポート(TR)科目のシラバスの「課題の概要」に「試験のポイント」という項目が記載されています。
これは、単位修得試験を受験するにあたって、事前に学習するべきポイントを5つ挙げたものです。Webテキスト科目の学習を進めるにあたり、この「試験のポイント」にも取り組んでおき、単位修得試験を受験する際にも参照できるようにしておくとよいでしょう。

レポート課題が不合格になりました。単位修得はできないのでしょうか?

レポート課題が不合格になった際は、次の提出機会に再提出することができます。教員からの添削を参考に再度課題に取り組んでください。

このページの先頭へ戻る